第15回定例ミーティングを開催しました。(7/20)

2019/7/20に第15回定例ミーティングを開催しました。
今回も会場は株式会社コネクトプラスさんの新オフィスでした。
ありがとうございます。
参加者は、オンライン参加も含めて8名でした。
この中に新メンバー小野寺さんが参加し、自己紹介から始めました。
議事内容は
・総会について
・ICTわなの状況について
・サマースクールのプログラミング教室について
・codeforサミットについて
・Maker faireについて
でした。
総会は、9月21日(土)の予定
午前中に理事会を開催し、午後に総会、夜に懇親会を予定しています。
理事会でブレストをして、予算をたてようということとなりました。
決算、事業報告書の作成を各担当者はよろしくお願いします。
総会で定款の変更を予定しています。 これに伴い、入会の仕方を決めておく(チェックリストを作っておく)などそれぞれのルールを作っておきたいということとなりました。

ICTわなは、熱問題が解決せずに、さらに色々試してみようということでした。

サマースクールのプログラミング教室は、8月10日環境資源ギャラリーで開催されます。

夏休みプログラミングサマースクールin 環境資源ギャラリー

今回、初参加の小野寺さんからMaker faireの案内がありました。
来年は何か出品してみるのも面白そうですね。

次回定例会は8月24日(土)9:00 株式会社コネクトプラスにて行います。

興味のある方は是非、定例ミーティングの見学からお気軽にご参加ください。

“OpenDataDay in 掛川”を開催しました!(3/2)

日程

9:30-10:00 受付
10:00-10:30 全体説明
10:30-17:00 活動発表
	※活動発表はYoutubeでご覧いただけます
	ちっくん11				(Code for Kakegawa 廣岡 昌博)
	ICTわな アクティブキャッチャー		(Code for Kakegawa 鈴木 勝俊)
	Android端末流しそうめん		(日本Androidの会浜松支部 市川 雅明さん)
	掛川城オープンデータ化		(掛川市企画政策課 縣 直弥さん)
	市域を越えた道路台帳オープンデータ化	(袋井市ICT街づくり課 大石 隆之さん)
	OpenStreetmap			(平賀 興記さん)
	MappinDrop 			(株式会社パスコ 北川 正巳さん)
	歴史文化デジタルアーカイブ構想		(掛川市社会教育課 戸塚和美さん)
	DonkeyCar			(山本 直也さん)
	三次元点群データが拓く Virtual Shizuoka	(杉本 直也さん・須山 温人さん)
	タジマEV開発車両と自動運転		(株式会社タジマEV 安田 憲太さん)
	島田商業高校の取り組み		(島田商業高等学校)
	掛川城プロジェクションマッピング		(掛川西高等学校)
	ドローンデモンストレーション		(株式会社長尾機設 菅原 純さん)

17:00-17:30 集合写真撮影・閉会
17:30-20:00 懇親会

 

会場ではみなさんが様々な展示およびデモンストレーションをくださいました

プロジェクションマッピング		掛川西高等学校
オープンデータを使用したアプリの展示	島田商業高校
Android端末流しそうめん		日本Androidの会 浜松支部
オープンストリートマップ掛川の活動報告	平賀 興記さん
市域を越えた道路台帳オープンデータ化	中東遠ICTサミット
古文書のデジタルアーカイブ		掛川市社会教育課
AI学習Car「Donkey Car」紹介		Kwiksher
掛川城オープンデータ化		掛川市企画政策課
「Mappin'Drop」の展示、紹介		株式会社パスコ
様々な分野でのドローン活用		株式会社長尾機設
しずおか自動運転showCASEプロジェクト	株式会社タジマEV
予防接種案内チャットボット		ちっくん11チーム
ICTわな				Code for Kakegawa



市民活動ねっとかけがわ Facebook講座


深田さん、戸田さん、赤堀 講師にて参加
参加者:10名
地域まちづくり協議会事務局、NPO団体、企業の方など

12:30 集合・準備
13:30 開会 協働センターの宇賀神さんによる説明
13:45 SNSとFacebookの概略説明
・SNSとは
・Facebookとは
・Facebookでなにができる?
・本日の進め方
・質疑応答
14:15 アカウントありとなしでチームに分かれて説明&ハンズオン
15:15 クロージング
15:30 終了

所見
会に先立ち、参加者の自己紹介があり
その中で、SNSに対する不安を感じている方がいらっしゃった。
不安とは、個人アカウントで投稿し個人情報流出の危険性やSNSを通じて購買した際のアクシデントによるものなどであった。
これに対しては、登録時の実名登録と実際に知らない人と友達にならないなどアドバイスした。
質疑応答では、個人利用とFacebookページの違い、ホームページとSNSの違いであった。

アカウントなしチームでは、そもそもSNSを利用する不安を払拭できない方が多くおり、その説明に1時間の持ち時間に対し45分を使用した。
Facebookの画面の動きを実施に見ていただき、払拭に務めた。
参加者からは、この説明により「来てよかった」などの感想をいただいた。その後、個人アカウントを作成し、記事投稿、友達申請を行い、時間となった。

アカウントありチームは、その中で2チームを作り
Facebookページの作成を行うチームとページは持っているのでエンゲージに対する説明を求めるチームとに分かれて進めた。

全体を通して、あっという間の2時間であった。
講師の皆さん、お疲れ様でした。